鼻 ニキビ 治し方

ニキビは冷やしてはいけません

赤く炎症を起こしている、触ると熱を持っている、
こういう症状からニキビも火傷などと同じで、冷やすことが良いと
考えている人もいるのではないでしょうか。

 

これは大きな間違いなのです。
ニキビは冷やすことで、逆に悪化させることになるのです。

 

どうして冷やすと悪化してしまうのか、ご説明していきます。

 

原因が違うニキビの炎症

日焼け、火傷などは、熱が原因となり、炎症を起こしています。
その熱を取り除くために、冷たく冷やし、悪化を防ぐのです。

 

ですが、ニキビの場合、炎症の原因が熱ではなく、
アクネ菌という細菌なのです。
アクネ菌が増えると、皮膚が刺激を受けて炎症となります。

 

少々冷やしたくらいでは死滅しないアクネ菌。
炎症を鎮める効果は期待出来ないのです。

 

アクネ菌が原因の炎症は、抗炎症作用のある成分での対応が必要となります。

 

なぜ冷やすことで悪化するのか

冷やすことで効果が得られないのは、原因が違うからというのはわかりましたね。
では、なぜ冷やすと悪化させてしまうのか。

 

それは、血行不良や肌の乾燥を生じてしまうのです。
これがニキビの治りを遅らせることになり、新たなニキビをも作ってしまいます。

 

実は、ニキビが出来やすい顔には、冷えやすい・毛細血管が多いという特徴があり、
「冷え」は、細い血管をさらに収縮させてしまい、血行不良となるのです。

 

血行不良だと、栄養、酸素が細胞に十分行き渡らないので、
肌のターンオーバー停滞、バリア機能が弱くなります。

 

肌に氷を当てて極端に冷やしたりすると、この行為により肌がダメージを受けます。
ニキビが増えやすくて治りにくいということになってしまうのです。

 

肌を冷やすことは乾燥も招いてしまいます。

 

顔の皮脂は、冷えることで流れ落ちていきます。
肌に必要な皮脂までもが落ちてしまう可能性が大きいのです。

 

冬はニキビが出来やすい季節ですよね。
皮脂の分泌が少なくなる大人の肌だと乾燥からニキビが出来やすいので
しっかり注意したいですね。

 

温めるのはOK

ニキビは冷やすと症状を悪化させてしまうことはご説明しました。

 

冷やしてはいけないといっても、洗顔などの際に冷たい水を使うくらいは
影響がありません。
極端に冷たく冷えた水や氷が悪影響を及ぼすのです。

 

逆に温めるのはというと、これはとても良い行為といえます。

 

温めることで、毛穴が開き、血行促進を導きます。

 

毛穴が開くと、皮脂が詰まりにくく、血行促進されると、
肌のターンオーバーが活発になります。
これにより、ニキビ治療が早くすすめられます。
二の腕のブツブツを治す

ホーム RSS購読 サイトマップ